CAREERS RECRUITMENT INFORMATION

INTERVIEW金融資産の運用だけではなく、
お客様の財産全体に関わりたい。
そんな私の志向がかなう場が
三井住友銀行にあった。

上野エリア ウェルスマネジメントバンカー朝光 浩之

新卒で入社した証券会社で、
顧客との折衝力と市場への感応力を培った。

私は新卒で国内の大手証券会社に入社し、そちらで4年ほどリテール営業に携わりました。就活では金融業界を志望し、実は銀行も就職先として検討しましたが、証券会社のほうがより成果主義で自分が鍛えられるのではないかと考えたのです。証券のリテール営業は想像以上にハードでしたが、資産家のお客様とゼロベースから親密な関係を築き上げていく折衝力や、マーケットの動きに即時に反応して運用提案する力などは大いに磨かれたように思います。

そして4年目の終わり頃、転機が訪れました。友人らと起業しようかという話になり、証券会社を退職して参画していたものの、都合により立ち上げにはいたりませんでした。その流れのまま友人と事務所を借り、デイトレードを生業としていました。そんな折、証券会社在籍時より「何かキャリアアップできるチャンスがあれば」と登録していた転職エージェントから、三井住友銀行が人材を募集しているという情報をいただき、興味を持ったのです。以前に証券営業を手がけ、次は銀行で経験を積むのは、自分のキャリアにとってきっとプラスになる。そう考えて一度、面接を受けることにしました。

異色な私を受け入れてくれた。
ここなら望むキャリアが手に入ると感じた。

面接に臨むにあたって、正直、自分がどう扱われるのか不安もありました。それまでデイトレーダーをやっていて文字通り「無職」でしたし、普通なら胡散臭い人間だと見られても仕方がない。しかし、面接でお会いした三井住友銀行の担当者は、そんな私を色眼鏡で見ることなどまったくなく、一個人として接してくれ、大変好感を抱きました。ちょうど三井住友銀行が銀証リテール一体化の戦略を推進し、証券営業経験者を求めているタイミングだったこともあって、私の過去の経歴を買ってくれることに。実は私自身、証券会社ではお客様と関われるのが資産運用だけであることに物足りなさを覚え、個人的にCFPの資格を取得し、ゆくゆくはプライベートバンカーを目指すというキャリアも考えていたのです。

実際、入行後は上野支店でリテール営業を担うことになりましたが、銀行とおつきあいしているお客様は財産全体を開示していただけることが多く、金融資産の運用だけではなく、不動産の活用や相続、承継なども含めてトータルに提案できるのは、前職では得られなかった醍醐味です。また、キャリア入行でも業務が限定されることなく、総合職として将来のキャリアの選択肢が多いと聞き、その点にも魅力を感じて入行を決意しました。

HR Comment

朝光さんは、これまで培ってこられたスキルを存分に発揮しつつ、新しい業務にも積極的に挑戦されています。目標に向かって努力を惜しまない姿勢から、周囲のメンバーの信頼も厚く、今後もますますのご活躍を期待しています。

SMBCのカラー

成果を上げれば正当に評価される。
互いに支えあう風土もある。

三井住友銀行の一員となって強く感じるのは、大変フェアなカルチャーだということ。キャリア入行でも成果を上げれば正当に評価され、私も入行1年半ほどで支店のファイナンシャルアドバイザーから、さらに資産規模の大きなお客様を担当するウェルスマネジメントバンカーに昇格しました。こうして短期間で成果を上げることができたのも、配属された支店の雰囲気がとても良く、支店長が自らたびたび同行してくださるなど、キャリア入行の私を周囲がしっかりとサポートしてくれて営業に集中できる環境を整えてくださったからだと感じています。

SMBCで実現したいこと

さまざまな銀行業務を経験して、
自分の将来の可能性を拡げたい。

証券市場に通じていることは、この営業において大きな武器になっています。お客様にとっても新鮮なようで、私が相場に詳しいことを評価してくださり、他行に預けられていた資産をすべてこちらに移していただいたこともあります。当面はこのリテール営業を究めていきたいと考えていますが、ここは自ら望めばチャンスを掴める場だと感じていますので、これからさまざまな銀行業務を経験して、自分の可能性を大きく拡げていければと思っています。
※所属などは、インタビュー当時のものです。
※部署名は現在のものと異なります。

page top