CAREERS RECRUITMENT INFORMATION

INTERVIEW大規模でもボトムアップで
変われる柔軟性と、多様な
人材が活躍できる自由な風土。

リテールマーケティング部 部長代理坂口 礼子

お客様に「できない」という言い訳はしたくない。
だから、何でもチャレンジできるSMBCを選んだ。

前職2社は広告代理店とPR会社を経て、SMBCへ入行しました。転職前も仕事は面白く大好きでしたが、事業構造上できる範囲が限られていることに歯がゆさを感じることも。たとえお客様が困っていても「これはできない、あれはできない」と言い訳しなければならなかったためです。

そういった思いを抱えていたこともあって、いつかは権限を持ち一気通貫の仕事ができる事業会社で働きたいと考えていました。大手とベンチャー2社の経験を経て自信をつけ、結婚・出産というライフイベントも経たこのタイミングが最後のチャンスと思い、転職を決意しました。

SMBCを選んだのは分業制ではなく、何でもできる環境だったから。範囲を絞らず権限を持ってチャレンジできることを知り、当行を選びました。

入行してからは、リテールIT戦略部に配属後、リテールマーケティング部に異動し、リテール部門の各種商品・サービスを使っていただくための施策を企画・実行しています。具体的には営業店の接客のように丁寧で細分化された提案をデジタル上でも実現できるように、様々なツールとコンサル力を使ってお客さまへ最適な商品サービス・体験の提供を目指しています。

ツールはお客様の行動をリアルタイム集約し、当行の属性データと組み合わせてセグメントを分け、それに合わせて必要な情報が届くような機能を持ったものです。

そのツールを使ったコミュニケーションの質を高めるために、「お客様が何に困っているか」「どうしたらお客様のためになるか」を考え抜くことを心がけています。バックグラウンドの異なるチーム員とよく話し、知恵を出し合うことで多面的なコンサルティングができ、お客様のニーズが捉えやすくなってきました。

豊富な顧客数、ボトムアップで進言できるのが当たり前。
権限を持ってチャレンジできる幸せがここにはある。

入行して驚いたのは、裁量の大きさと既存顧客が動くインパクトの大きさです。

キャッシュレス決済のプロダクトを担当したとき、数千億円という大きなミッションだったのでプロセスの指示も細かいのだろうと思っていたのですが、やり方は任せると言われて驚きました。

想定外ではありましたが、裁量を持って取り組めることを嬉しく感じたのを覚えています。考えたプロセスが上手く機能したことで、ミッションは無事に2年連続で達成。大規模な銀行であるにも関わらず、権限をくれてボトムアップで意見もどんどん言って変えていっていいという働き方が許容されているのは、本当に幸せなことだと思います。

何でもやらせてもらえる反面、もちろん新たな企画や施策がわからない・やったことがないという関係者に対してやるべきだと進言し、納得させる必要があります。キャリア行員からも、そこがチャレンジングだと聞いていました。

これを聞くと厳しいなと感じる方もいるかもしれませんが、これだけの規模の企業であれば説得が大変なのは当たり前だと思っています。それを乗り越えて変わったらものすごいインパクトがありますし、プロセスの難しさはやりようだと思います。テレビや新聞に載るようなレベルの大きな案件に、誰でも取り組める。そんな自由度の高い環境にワクワクしました。

もう1つの既存顧客が動くインパクトの大きさは、日々実感しています。通常の営業・マーケティング活動であればまずお客様を呼んでくるところからスタートしますが、当行では目の前にいる2000万人以上のお客様にダイレクトなアプローチが可能です。

チームメンバーが資産運用のランキングを載せたメールを送ったのですが、2ヶ月くらいで10数億円という大きな反響があったことに驚かされました。口座数=顧客数が多いことは知っていましたが、そのすごさを改めて実感しました。

SMBCのカラー

堅い・画一的という銀行のイメージとは真逆。自由度が高く・多様性のある社風がSMBCの特徴。

私も入行するまでは銀行の堅いイメージを持っていましたが、入ってみるとまったく違いました。行員が3万人弱もいるからか、これまで見て来た企業の中でも一番多様性があると感じます。私は育児をしながらフルタイムで働いていますが、働き方が自由なので働きにくさを感じたことはありません。また、ママさんだから、◯◯だからという区分で判断することなく、あくまでその人の置かれている状況を見て、個を尊重するという姿勢が根付いているのは素晴らしいところだと思います。
個の状態もビジネスも常に変化していくもの。こうした風土が根付くSMBCで働く人は、変化に対する受容性の高い人が向いていると感じます。

SMBCで実現したいこと

現状に満足せず、変化し続けるSMBCのキャリア行員としてアウトプットの質とスピードを追求し続けたい。

マーケティングツールの重複などが整備されたので、これからはお客様への伝え方など、コミュニケーションのアウトプットを高度化していきたいと考えています。今までは当たり前の行動だけ成果が出ていましたが、よりクオリティとスピードを追求できる体制を整えていきたいです。
SMBCはキャリア採用を強化して新しい風を入れ、成長・変化し続けることを目標にしています。そのため、私たちキャリア行員は途中から入った者にしかわからないSMBCの強みを活かし、よりよい経営ができるよう進言していく必要があると感じています。

※所属などは、インタビュー当時のものです。
※部署名は現在のものと異なります。

page top